初心者でもわかるような光回線とプロバイダー仕組みわかりやすい解説

インターネットをするためには回線とプロバイダーの契約が必要になります。
この仕組みを知らない方だと一つではなく二つと契約しないといけないの?といった疑問が湧いてくると思います。

 

簡単にわかる説明をしますと回線はプロパイダはそれぞれに別の役割を担っています。

インターネットは通信会社と契約しますが回線という名前から分かるように情報をやり取りするものであり、
どこの会社を利用してやり取りするかというものです。
回線の中でも光回線、ADSL、CATVといった種類があり、
例えば、どの道路(回線)を使い目的の場所(インターネットで閲覧したい場所)に行くかというものです。

 

しかし、目的の場所に進むためにはIDやパスワードが必要になるのです。

それがISPになりまして、プロパイダのことを指します。

不特定多数の方が自由にインターネットを利用できないように
入場制限をしているようなものであり、入場券を持っている人しか道路の先にしか進めないということです。

 

インターネットを使用するためには道路となる回線と入場するための
プロパイダはセットとなっており、この二つと契約していないとインターネットはできないのです。

 

回線とプロパイダが一緒の会社の方がいいのにと思われる方もいますが、
自分が好きなプロパイダから選択できるほうが
より良いサービスや自分に合ったところと契約できるので仕組みさえ理解していれば便利になります。
それだと分かりづらいといった方は
ケーブルテレビの場合だと回線とプロパイダの両方がセットになっていることが多く分かりやすく契約しやすいです。

 

このように光回線とプロバイダーは道路と入場口といった役割となっていて、
道路は種類によって早かったり遅かったりしてプロパイダは適切にIDやパスワードでインターネットに繋げてくれます。
道路と入場口だと理解していれば誰でもわかることだと思いますので深く考えすぎないようにして自分に合ったサービスと契約すれば良いでしょう。